花しゃんは無添加シャンプー

“薄毛や抜け毛で悩む男性の皆さんの中には、特別なシャンプーを使用している方も多いと思います。
しかし、シャンプーの成分にまで注目して、どのシャンプーを使うか選んでいる方はそんなに多くはないのではないでしょうか。
実はシャンプーの成分と配合については、安全基準が漠然としており、使用後すぐに体に異常が出なければ認可されているようです。そのため、数か月、数年間に渡りシャンプーを使い続けた後にどんな異常が出る可能性があるのか、というところまでは考慮されていないことがほとんどなのです。
体にはあまり良くないと言われている化学物質でも、使用直後に異常がでないというテスト結果さえあれば、シャンプーの添加物として使用されている可能性があるのです。
では、なぜシャンプーには添加物として化学物質が使われているのかというと、使用感を高めるためなのです。例えば、頭皮がすっきりした感じになったりするのは化学物質が作用しているからなのです。
しかし、やはり体にはよくない化学物質を肌につけていることになるので、長期間の使用によって頭皮がダメージを受けたりすることもあります。育毛は健康な頭皮が第一歩となりますので、ダメージを受けた頭皮ではいくらシャンプーを使用しても、その分だけダメージが進むばかりです。
また、頭皮から吸収されるシャンプーの添加物は、口から体内に入る食品の添加物よりも排出されにくいと言われています。食品添加物の場合、内臓の作用により、数日で体外に排出されるそうですが、皮膚から吸収された添加物は同じ期間で全体の1割程度しか排出されないということです。
また、その添加物が動物性の者だった場合、さらに排出されにくく、どんどん体内に蓄積されていき、当帆の毛穴を詰まらせてしまうのです。
本当に効果的なシャンプーを使用したいならば、化学物質が添加物として加えられていないものを使わなければならないのです。

効果的なシャンプー花しゃんが良く解るサイト

ポリピュアEXは香料を使用しているか?

ポリピュアEXは香料を使用している育毛剤なのでしょうか?

調べてみたところ香料は使っていないみたいですね。

では何故香料が入っている育毛剤はダメなのでしょうか?

簡単に説明してみたいと思います。

“育毛剤というのは、頭皮・髪の毛に栄養を与えて発毛を促進させる働きをします。
しかし、育毛剤の中には、頭皮・髪の毛に必要となる栄養素の他に、不要な添加物が入っていることも多いので、育毛剤選びには細心の注意を払う必要があります。
正しい育毛剤を選ばなければ、逆に頭皮にダメージを与えてしまうこともあるのです。
添加物の中で不必要なものの1つには、石油系界面活性剤があります。これは、頭皮の皮脂を必要以上に摂ってしまい、皮膚にダメージを与え、健康な髪が育たない結果をもたらすので、育毛剤選びの時は石油系界面活性剤が入っていないかチェックをする必要があります。
この石油系界面活性剤は、育毛剤だけではなく、シャンプーなどにも含まれていることが多い添加物なので、シャンプー選びでも注意する必要があります。
また、不要の添加物として、香料があげられます。せっかく頭皮のケアをするのだから、いい香りを楽しみたい、好きな香りの育毛剤を愛用している、香りがあるとリラックスできるという方もいるかもしれません。また好みに合わせて選べるように、色々な香りの育毛剤が発売されています。しかし、頭皮にとって不要な成分はあまりつけないようにすることにより、頭皮をより健康に、また、健康な育毛を促進するための下地を作ることができるのです。
石油系界面活性剤の入っていない、無香料の育毛剤を選ぶことが、頭皮や髪の毛に栄養を与え、健康に育毛をすることにつながってくるのです。正しい育毛剤を選び、なるべく早く効果が実感できると嬉しいものですね。

ポリピュアEXの詳細を見るならこのサイト

INZシャンプーって鉱物油使用してる?

“無鉱物油という言葉を一度は耳にしたり目にしたりした事があるのではないでしょうか。

最近では、無鉱物油という事を売にした商品も数多く見かけるようにもなりました。

無鉱物油という事は、鉱物油を使っていないということですが、鉱物油とは行ったどういったものでしょうか。

主原料は石油です。石油を原料にして作れた化合物であり、無職に精製されて液体油です。

鉱物油は主に、化粧品に使われてきました。
化粧品は、肌に直接触れるものですから、鉱物油として精製する際に、有害な物質を取り除いています。

鉱物油が使われてきた理由というのは、皮膚の保湿の目的と言われています。

皮膚からの水分蒸発を防ぎ、しっとりさせるという役目があるということです。

皮膚の乾燥を防いでくれる訳ですから、一見するととても良い成分なのではと思うところですが、鉱物油というものは、皮膚の呼吸を妨げてしまうという大きな危険があるのです。

じつは、人間というのは口と鼻から飲みならず、皮膚からも呼吸をして、体内に酸素を取り入れているのです。
ですから、鉱物油により、皮膚が呼吸しにくい状態になると、毛穴からの呼吸が難しくなるという事態に陥ります。

鉱物油は保湿力はあれど、通気性がないため、体にとっては、良くない物質という事になります。

鉱物油が入っているヘアケア製品も数多くあります。
毎日こまめにケアしていても、結局、鉱物油の影響により、頭皮に影響を与えている可能せがあるのです。

頭皮に影響を与えている状態が続けば、抜け毛や薄毛の原因にもなりますし、今までのケアが水の泡になりかねません。

ですから、頭皮の健康の為にも、そして、これからの育毛ケアのためにも、鉱物油が使用されていないヘアケア製品を選ぶべきだと思います。”

INZシャンプーは鉱物油を使っているか?

マイナチュレは合成ポリマーを使用していません

“合成ポリマーという言葉、ご存じですか?
化粧品やヘアケア製品では、この合成ポリマーが使われているものがかなりの数、市場に出回っているのです。

合成樹脂、合成ゴム、合成セルロース、合成オイルのことを総じて『合成ポリマー』と呼びます。
この合成ポリマー自体、べたつきがありません。
とてもなめらかでツルンとした感触のものなので、含むことによりクリームのようになり、乳化力を高めるのに一役買ってくれます。

この合成ポリマー、化粧品やヘアケア製品以外にも様々な日用品の成分として含まれています。
『育毛剤』にも使われているものが多くあります。

ところで、合成ポリマーは先に挙げたように簡単には触り心地が良く、また水に落ちにくいということもあります。
その特性を活かした製品も多々ありますが、反面、デメリットもあります。
例えば化粧品。落とす時には通常のものよりも落ちづらいため、肌を傷めてしまいやすくなります。

また、育毛剤。
育毛と言うと、頭皮の皮脂や汚れをシャンプーで綺麗に洗い流し、清潔な状態で育毛剤を頭皮に染み込ませることで養分を吸収するというイメージがあると思います。
しかし、もし合成ポリマーの含まれた育毛剤を使用するとどうでしょうか?
頭皮の表面を合成ポリマーがぴったりとコーティングしてしまい、頭皮は養分を吸収することが出来なくなってしまいます。

コーティングされたままにすると、頭皮はカサカサになります。
これは頭皮の皮脂分泌量が合成ポリマーに覆われることで減少し、頭皮が乾燥するためです。

いくらシャンプーで綺麗に、良い状態にした頭皮であっても、これでは一転、悪い状態となり同じことを何度も繰り返すことになるのです。

薄毛、抜け毛から逃れられない。

想像するのも恐ろしいことです。
そうなってしまわない為には、合成ポリマーの含まれないシャンプー、育毛剤を使うのが賢明だと言えるでしょう。”

マイナチュレが合成ポリマーを使用していないと解るサイト